211216_20_加工後.jpg
どんなに重い障がいがあっても地域で暮らしたい。
その思いを実現するために。
採用情報 あなたもヘルパーとして障がい者の生活を支えてみませんか?

ヘルパーステーション

いちご

居宅・介護事業「ヘルパーステーションいちご」は、障がい当事者たちの「どんな重い障がいがあっても地域で暮らしたい」という思いを実現するために、2016年に開所されました。

1977年以来、札幌や北海道の障がい者の人権拡大を訴えてきたNPO法人札幌いちご会が母体となり、自立生活を行う当事者の声を中心としたケアをめざします。

事業内容

ヘルパーステーション

いちご指針

誰もが安心して地域で生活の継続ができるように支援する。

利用者・介護者共に学び、尊重し合うケアを構築する。

職員がやりがいを持って働ける労働環境を整える。

いちご設立によせて

ヘルパーステーション

小山内 美智子

小山内 美智子

ケアをする人たちは、自分は何が得意なのかを真剣に考え、それを自信につなげていく。
なにか得意なものがあると、そのケアの中からうずまきのように技術が広がっていきます。

利用者さんが自分のしてほしいことを遠慮せずに、伝えられるよう配慮し、一緒に学んでいきたいと考えています。

利用者さんがケアを受け、本人が望むような生活をして頂きたいと思います。
利用者と支援者が互いに尊敬し、意見が異なっても、互いに話し、皆で考えて乗り越えていけるような事業所を目指したいです。

四コマ漫画

採用情報

あなたもヘルパーとして
障がい者の生活を
支えてみませんか?

ヘルパーステーションいちごでは、

ヘルパーを募集しております。

ヘルパーステーション
いちご

〒063-0062 札幌市西区西町南18 2-1 稲嶺ビル1F

TEL: 011-699-6722