top of page
  • 札幌いちご会 事務局

いちご通信221号(2024年6月号)を発行しました!






いちご通信221号(2024年6月号)を発行しました!


今回の表紙は、記事も書いてくださっている【花田はるか】さんのお写真です。

とてもきれいな写真を提供いただきました。



主な記事は以下のとおりです。

巻頭言「沖縄の空気を吸おうと思っていたのに…!」

​小山内 美智子

講演会『インクルーシブ教育と合理的配慮とは…』


インクルーシブ教育と合理的配慮とは

​小山内 美智子

挑戦の先にある思い出

新井 海斗

さぽーとほっと基金で札幌いちご会へ寄付していただく方法


物理的な外出困難からの開放

花田 はるか

言葉の力

吉成 健太朗

心身共にリハビリは大切です

永島 勝章

意識して、言葉を耕しつづける

登り口 倫子

遷延性意識障害者の親となる

浅野 史郎

箸休め(風呂でおぼれかけた話)

伊藤 直紀

ストマとパウチ「身体障害者程度等級4級」になって

杉本 裕明



今回も、新しい若手の方に記事を書いていただきました(^▽^)


日常生活の中にあるバリア。

そのバリアに対してあきらめず、工夫したり誰かの協力を得たりしてバリアを壊すことで、見えてくるものがある。

そんな体験を書いてくださっています。



近日中に、上記の記事からいくつかを抜粋してホームページ掲載いたします!



あと、ちゃっかり今年9月開催予定の講演会についてもお知らせしています。

ホームページでは来月あたり告知をおこないます!




会員以外の方で「いちご通信を読んでみたい」という方は、

1冊300円で「お試し用」をお送りしておりますので、

事務局までお問い合わせください(^_-)-☆


Comments


bottom of page