top of page
  • 札幌いちご会 事務局

心身共にリハビリは大切です

執筆者 : 永島勝章(ながしま かつあき)


<いちご通信221号(2024年6月号)より抜粋>




雪が溶け、新入社員らしき人たちを

見かけるような清々しい季節となった。


私の生活で変わったことといえば、

体力的に平日5日間働くのがキツクなってきたため、

職場の方々の配慮により月の何日間は

土曜日に働き平日に休暇をいただくことにした。


以前から訪問リハビリを探していてネット等で検索してみたが、

脳性まひに特化した所にかかりたくて、

子供の頃からリハビリでお世話になっている先生に相談をすると、

桑園にある病院を紹介してくださった。

 

さっそく翌日に電話をかけてみると

「住んでいる所がエリア外なんですよね」と言われてショックだったが、

障害名を聞かれて「脳性まひ」と伝えると

「CP(脳性まひ)ならやりますよ」と言われて安堵した。

 

後日、整形外科で先生に診てもらうと

「あ~あ!よくこの身体でひとり暮らし頑張ってきたね!レントゲン25枚撮るからね!

あと、自分の気になるところ撮っていいからね!」

と恐る恐る、レントゲン室へ。

30分以上かけて様々なポーズで撮られた。

待っていたヘルパーさんと

「人生初の30枚に及ぶレントゲンは記念撮影並だね!」

と笑い合った。

 

先生に呼ばれて診てもらうと、

全身の骨には異常なく安心したが、

やはり身体の痛みは軟骨がすり減っていたせいだとわかった。

 

私は月1回ぐらい通えばいいかな!と思っていたが、

先生に「リハビリは月1回でいいですよね」と聞くと

「は~毎日1日1時間でも足りない身体なのに!」と言われ、

訪問リハビリは平日の休みにあてることにした。


初回のリハビリで先生が私の手足を動かすたびに、

笑いながら「いや~この身体どうしよう~

今のリハビリはもみ返しが無いようソフトにするけど、

永島さん昭和の方だから強めにやりたいな~」

と話しながら、1時間があっという間に過ぎていった。

 

リハビリ後は身体全体が痛く、

翌日の朝は寝て起き上がるまでが

産まれたての子牛が立ち上がるような状態だった。

けれどリハビリを続けていると徐々に身体が

楽になってきた気がしてきている。


先生が「永島さん、ちょっと目標を高くして、

職場内で歩行器を使える様にするっていうのはどうでしょう」

と言われたが、

現状の身体の状態を維持しながら、自分らしく楽しく過ごしていきたい。







Comments


bottom of page